JAPEWは2020年オリンピック・パラリンピック競技大会を応援します!
オリンピック開催に込められた想い…それは平和と尊厳を理解する真の国際的人間教育。
私達JAPEWは、そうしたオリンピックの理念を女子体育の立場から具現化し、次の世代へ受け継いでいくことに尽力します。

 

会長挨拶

 日本女子体育連盟(略称JAPEW)は、1954年に出立しました。創立59年目を経て2013年4月より公益社団法人として新たな出発をすることになりました。振り返れば先輩諸氏の「血、労苦、涙と汗」に先導され、学校体育・生涯スポーツの普及振興を推進してまいりました。かくして本年を「新生JAPEW元年」と位置づけ、全国の加盟団体の皆様と共に、社会の負託に応え得る諸事業を心新たに展開したいと思います。
 現在、学校や社会では、いじめや体罰が問題視されています。こうした状況に立ち向かう姿勢は「まるごとのからだ」でかかわり、潜在力を引き出させる主体的な「生きる力」を涵養することから始まると思います。ヒントはダンス教育に見出すことができるはずです。JAPEWには我が国のダンス教育を牽引してきた実績があります。
 いまこそ連盟の培ってきた「知財」を発信するときであると認識し、JAPEW60周年に向け、「先を見据え、率直に話し、毅然と行動する」ように努力し続けたいと願っています。JAPEWはこれからも社会の動勢を敏感にとらえ、全体を俯瞰できる発想や行動力を得ながら、他団体とも連携した活動を推進し、JAPEWの「生きる力」を倍増していきたいと考えております。
 ご教授、ご支援頂きますよう、心よりお願い申し上げます。

   公益社団法人
   日本女子体育連盟
   会長 高 橋 和 子