JAPEWは2020年オリンピック・パラリンピック競技大会を応援します!
オリンピック開催に込められた想い…それは平和と尊厳を理解する真の国際的人間教育。
私達JAPEWは、そうしたオリンピックの理念を女子体育の立場から具現化し、次の世代へ受け継いでいくことに尽力します。

 

『女子体育』バックナンバー& 『学術研究』特別販売!

この度、本連盟より発行している機関誌「女子体育」と「学術研究」のバックナンバーを特別価格での販売を企画致しました。
私たちのこれまでの蓄積された資料であり財産でもあります。是非、この機会に皆様の教育研究活動にご活用下さい。

本企画について→ こちら(PDF版)

又、学術研究につきましては過去の掲載論文一覧がございますので是非ご参照下さい。
日本女子体育連盟学術研究のこれまでの掲載論文については第20号(2003年発行)~第32号(2016年発行)分の一覧を下記リンク先に掲載しました。

掲載論文一覧

(2016年4月6日更新)
 

機関誌『女子体育』

平成24年度中学校ダンス必修化に伴い、改めてダンスの根源的な魅力や価値を見つめ直し、
全ての人が全てのライフステージで、その人らしく表現する機会を大切に、本誌で発信していきます。


平成29年度の購読案内はこちら

▼こちらにて『女子体育』の年間総目次を御覧いただけます。



『女子体育』2015年度総目次についてはこちら(PDFで開きます)

『女子体育』2014年度総目次
についてはこちら(PDFで開きます)

『女子体育』2013年度総目次
についてはこちら(PDFで開きます)

『女子体育』2012年度総目次についてはこちら(PDFで開きます)

『女子体育』2011年度総目次
についてはこちら(PDFで開きます)

『女子体育』2010年度総目次についてはこちら(PDFで開きます)

『女子体育』2009年度総目次についてはこちら(PDFで開きます)  
    
『女子体育』
2008年度総目次
についてはこちら(PDFで開きます) 
 
バックナンバーあります!事務局にお問い合わせ下さい。

『女子体育』論文検索(CiNii)はこちら


★ダンス指導ハンドブック Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ    好評発売中!
様々な場面でのダンス指導をわかりやすくご紹介しています。
幼・小・中・高の学校体育や生涯スポーツの指導に役立ちます。
単冊での購入できます。お問い合わせは事務局まで。

 

 

購読方法


『女子体育』の年間購読をご希望の方は、下記の申し込みフォームに必要事項をご記入頂き、メールかFAXにて事務局までご送付下さい。

ご送本は、お申し込み時点でその年の4・5月号からまとめてお送りします。

『女子体育』申し込みフォームはこちら

 

学術研究投稿規定

● (公社)日本女子体育連盟「学術研究」投稿の手引き
   
本誌に投稿できるのは原則として(公社)日本女子体育連盟会員(正会員、特別会員)とします。
投稿内容は、体育学の研究領域における総説、原著論文、実践研究、事例報告、研究資料、書評、
内外の研究動向、研究上の問題提起などとし、完結した未発表のものであり、他誌に投稿中でない
ものに限ります。
投稿締め切りは8月末日。
公平な審査を経て採択された場合に掲載されます。
投稿ご希望の方は、詳細について下記にお問い合わせください。
   
   〒151-0052 東京都渋谷代々木区神園町3-1
    国立オリンピック記念青少年センター センター棟3階
    (公社)日本女子体育連盟 学術研究編集委員会
    TEL:03-3469-7995
    FAX:03-3469-8427
    E-mail:japew@h8.dion.ne.jp
   
 (公社)日本女子体育連盟 「学術研究」投稿規程

 

1. 本誌に投稿できるのは原則として本連盟会員(正会員、特別会員)とする.

2. 投稿内容は,体育学の研究領域における総説,原著論文,実践研究,事例報告,研究資料,書評,内外の研究動
   向,研究上の問題提起などとし,完結した未発表のものであり,他誌に投稿中でないものに限る.

3. 原稿の掲載の可否および掲載の時期は,本誌編集委員会において決定する.

4. 原稿は,原則としてワードプロセッサーで作成するものとし,A4判横書き,2段組み、1行22字1段43行とする.
  本文はひらがな現代かなづかいとし,外国語をかな書きにする場合は,カタカナにする.原稿には通しページを
  つける.

5. 総説,原著論文,実践研究,事例報告,研究資料の原稿は,原則として1篇につき,要旨、図表,抄録等を含め
   て刷り上がり16ページ以内,書評,内外の研究動向,研究上の問題提起の場合は,刷り上がり1ページ以内とす
 る.このページを超過した場合,あるいは,特別な印刷を要した場合には,その実費を投稿者が負担する.

6. 計量単位は,原則として,国際単位系(SI)とする.

7. 図表は大きさにもよるが,おおよそ400字詰原稿用紙1枚分に相当する.図表が特別の費用を要した場合には投稿者
 負担とする.

8. 挿図原稿は,図中の文字や数字が直接印刷できるように,きれいにはっきりと書く.写真は白黒の鮮明な画面の
 ものとする.

9. 図や表には,それぞれ必ず通し番号とタイトルをつけ,本文とは別に番号順に一括する.図表の挿入個所は,本
 文原稿の欄外に,赤字でそれぞれの番号によって指示する.

10. 本文中での文献の記載は,原則として著者・出版年方式(author-date method)とする.また文献リスト(引用文
 献は,本文の最後に著者名のABC順に一括し,定期刊行物の場合の書誌データの表記は,著者名(発行年)論文名,
 誌名巻():ページ(p.またはpp.)の順とする.引用および注記の詳細は別に定める.

11. 総説,原著論文,実践研究,事例報告,研究資料の原稿には,必ず欧文 (原則として英語)による300語以内のア
  ブストラクトを添え,同時に和訳を添付する.

12. 提出する原稿ファイル(2段組み、1行22字1段43行,要旨・図表を含め16ページ以内)は,著者名および所属
  機関を削除し,メール添付にて提出することとする.原稿の表題のページには,(1)総説,原著論文,実践研
  究,事例報告,研究資料などの別,(2)和文欧文それぞれによる3ないし5語のキーワードを明記する.

13. 投稿の際には,論文投稿申請用紙を女子体育連盟ホームページよりダウンロードして必要事項を記入し,原稿フ
  ァイルとともにメール添付にて提出することとする.

14. 公平な審査を期するため,謝辞および付記などは原稿受理後に書き加えることとする.

15. 本誌に掲載された論文の著作権は公益社団法人日本女子体育連盟に帰属するものとする.

16. 投稿論文は下記の投稿先メールアドレス宛に提出する.

17. 論文投稿締め切りは当該年度の8月末とする.

 

投稿先メールアドレス:japewgktoukou@gmail.com

 

(附則)この規程は,公益法人設立の登記の日から施行する. (2013年4月1日登記)

       この規程は,2017(平成29)年5月13日から施行する.


  日本女子体育連盟論文投稿申請用紙.doc