業務および財務に関する情報公開

スポーツ団体ガバナンスコード

スポーツ庁がスポーツの価値を守り高めていくために策定した「スポーツ団体ガバナンスコード<中央競技団体向け>」(令和元年6月)、および日本スポーツ協会加盟団体規程に基づき、JAPEWでは年1回の自己説明・公表に取り組みます。

令和2年度

 
 

個人情報保護に関する方針

【基本方針】
(公社)日本女子体育連盟は、高度情報通信社会における個人情報保護の重要性を認識し、個人情報保護法に基づく以下の取り組みにより、本連盟に係わる方々の個人情報保護に努めます。
また、お預かりした情報は安全に管理し、本連盟と会員および関係の方々との確かな信頼関係を確立して参ります。

【個人情報保護への取り組み】
(公社)日本女子体育連盟は、個人情報保護に関する基本方針に基づき、下記の取り組みを行います。
1、役員・専門委員・事務職員ならびにスタッフ(大会補助役員等)は、個人情報に関する法令および連盟の規範を遵守します。
2、個人情報保護管理責任者は庶務担当常務理事とし、個人情報の厳重な管理を行います。
3、個人情報保護監査責任者は本連盟監事とし、個人情報保護に関する監査を実施します。
4、監査結果に基づき、連盟内の規程・運用を改善します。
5、本方針を本連盟ホームページに掲載・公表します。

【個人情報の取扱いについて】
1、個人情報の取得、利用、提供については、取得時に利用目的を明らかにし、取得した個人情報は、その利用目的の範囲内で使用します。
2、個人情報に対し、本人より訂正・抹消を求められたときは、速やかに応じます。
3、安全対策の実施については、不正アクセス、紛失、改ざん、漏洩などの問題が起きないように適切に取り扱います。

 

平成25年4月1日 制定